la plage



瞼を閉じる

見えるのは

灰色の景色と

その風景の中に佇むお前



冷たい水の中に迷いもなく足をつけ

俺に笑顔を見せる




どうして
どうして


こんなことに





いつまでも

俺の中にはお前しか写らない


写すことしかできない



それなのに




灰色の空が
灰色の海が
灰色のお前が


俺から流れるように溢れ出す



どうか

遠くに逝かないで



遠くを見つめるお前の目には
きっと俺は写っていない


その先の景色は

お前を吸い込むように




俺は、


きっと

このことも忘れてしまうんだ。




by『for(n)ever』 Izuki for A

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック