アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「mind」のブログ記事

みんなの「mind」ブログ


俺の仕事

2009/10/02 23:43
俺の仕事…人には見えぬ存在を視、そいつらの話を聞き、最後の一言を届けること。



俺自身、すでに普通の人間ではない。

きっと、この闇の世界に染まり過ぎたんだ。


闇の中、日常の裏側、すぐ近くでそれは起こる。


「         」

「………・・・・・・・。」

全ての感覚が同化し、そいつの存在はその瞬間触れる程に強く濃く浮かぶ。

そいつの気持ち、言葉、思い、はある。
たくさんの思念の中、俺は最後の思いを探す。
伝えてほしい事を聞き、届ける。

俺の体は世界に融け、行きたい場所どこにでも行ける。
何も感じず、何も考えることなく、この仕事をし続ける。

それが、おれのそんざいするいみ。


「真田。」

「――――――っっはいっ!」

といっても、この仕事は副業だ。
俺にも一応人間らしい表の仕事もちゃんとある。

ま、普通のサラリーマンだったりするけど。


「なんだよー。今俺の話聞いてたか?」

すんません、他人の話聞いてました。

「すみません、もう一度お願いします。」
「だから〜…」

先輩の愚痴に付き合うのも俺の仕事。

こっちの世界はいつもと何も変わらない。
上司に不満がある先輩たち、恋愛ごとに華を咲かせる女性たち、

淀み鎖に繋がれ、毎日時間通りに仕事をこなす腐ってるこの世界は
アッチに比べて、なんてつまらないんだろうか。

「      」

ほら、まただ。

最近は仕事が増える一方だ。
俺の体は残業のせいでぼろぼろ。


俺は適当に先輩に相槌を打って席を離れた。

「俺以外のヤツに頼んでくれよ。」

「      」

まわりから見れば俺は独り言を言っているように見えるのだろう。
きっと他の奴らは見えてて見ないフリをしているんだ。
面倒事には付き合いたくない一心で、すぐ近くにある存在を知らない内に消し去っている。

そんな人間ばかりだから俺がこんなに苦労しなきゃいけなくなるんだ。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


la plage

2009/02/03 11:55


瞼を閉じる

見えるのは

灰色の景色と

その風景の中に佇むお前



冷たい水の中に迷いもなく足をつけ

俺に笑顔を見せる




どうして
どうして


こんなことに





いつまでも

俺の中にはお前しか写らない


写すことしかできない



それなのに




灰色の空が
灰色の海が
灰色のお前が


俺から流れるように溢れ出す



どうか

遠くに逝かないで



遠くを見つめるお前の目には
きっと俺は写っていない


その先の景色は

お前を吸い込むように




俺は、


きっと

このことも忘れてしまうんだ。




by『for(n)ever』 Izuki for A
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009/02/01 00:48

騙していた訳じゃない。

こんな事がしたかった訳じゃない。

どんなことを言ったとしても、君には何も届かないんだね。


君がそんな姿になるまで、私はたくさんの人を犠牲にしてきた。

”義務だから”

罪を償えるとは思えない。
ただ死ぬだけではきっと満たされない。

君が殺すだけでは飽き足りない程憎む人間が、
君のすぐ近くにいるということを知ったら

君はどうするのかな。


何せよ、私の命はそう長くないし、
この忌々しい死神も私の代で消さなければいけない。

やる事はたくさんあるのだ。

いちいち殺し損ねた人間の事などに構っている余裕などない。


けれど、



けれど、少しだけ、


君を殺さなかった当時の私に感謝している。


どんな形であれ、もう一度君に逢うことができたのだ。

唯一の、居場所となったのだ。


まだ、手放したくない。


だから、もう少しだけ

騙されたままでいて。




by『PAIN』 Sato for Shinagi
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「mind」ブログ

Faults into Air mindのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる